Ana's life in Sweden

韓国延世大学の語学堂にて勉強しながら、スウェーデンと日本を行き来しています。

スイスに来ています!愛の不時着のロケ地と物価について

おとといスイスに飛んできました!おばあちゃんの90歳のお祝いのために、彼の実家に滞在しています。スイスにはもう何回も来ていますが、コロナの影響で今回2019年のクリスマスぶりにやってきました。ほぼ3年ぶりになりますが、全然そんな気がしないです…

 

スウェーデン同様スイスもかなり寒くなってきていて、今日の午前中に彼の友人と3人でカフェに行ったときは外の気温は7度、先ほど彼のおじさんおばさんと彼の妹と5人で食事に行った際は12度ほどでした。

私は超がつくほどの寒がりなので、2年ほど前にロンドンで買ったロングのダウンコートを着ていたのですが、さすがに寒さに慣れているスイス人でここまで厚着をしている人は見かけませんでした。でも、人目を気にしている場合じゃない。寒さ対策の方が大切!

 

彼の友人に会ったり外食をしたり、デパートやスーパーに行ったりちょこちょこ外出もしていますが、一日の大半は彼の実家でのんびり過ごしています。というのも、今週はあまり天気が良くなく(到着した日も大雨でした。。。)もともとはNetflixで有名な「愛の不時着」のロケ地にドライブをしに行くつもりがキャンセルになってしまいました。

 

そんな話を彼のおじさんおばさんとの食事中にしていたら、おじさん曰く、まだ旅行客が少ない今の時期でもこのロケ地には(湖のほとりにピアノが置かれていた場所)アジア人観光客が写真を撮ろうと順番待ちの列ができているらしいです。

これでもっと観光が盛んになってきたら、すごいことになりそうですね。。。となると、当分このロケ地に行くのは先になってしまうかなぁ。

 

スイス人は、なんでこんなところでアジア人が列を作っているんだ?!と不思議に思う人が大半らしく、話題になっているようです。定年近い年齢の彼のおじさんも、愛の不時着が気になってチェックしたみたい。スイス人があの物語を見たらどう思うのか気になるところです。

ちなみに私の彼にも最終話のシーンを見せたのですが、北朝鮮の人がストーリーに出てくるような内容になんでスイスが?!と面白がっていました。

 

藍の不時着で火が付いたのか、もともとスイスが観光地として人気があったのか謎ですが、韓国の有名な俳優さんも写真集の撮影か何かでスイスをロケ地に選んだりしていて、アジア人の間では(韓国では?)最近人気なのかな~と思っています。

 

空港でも日本人ぽい人を2~3人見かけたので、日本人にも少しは人気があるのかな。

 

でも、ある程度お金に余裕がある人じゃなきゃスイスに旅行に来るのは難しいんじゃないかなと改めて思いました。なんたって、物価が高い。その上、今のご時世日本人にとって外国の通貨はどれも高いけれど、スイスフランも例外ではないよう。

今日ベルンの駅を歩いていたらスターバックスがあったので覗いてみたところ、確か限定のパンプキンのフラペチーノが今の日本円換算でたぶん1300円くらい・私が大好きなチャイラテのVentiサイズも1100~1200円くらいしたので、日本の価額と比べるとちょうど2倍くらいのようですね。

 

スイスの物価の高さ、やはり恐ろしい。

 

そんな感じで、あと数日スイスを楽しみたいと思います!