Ana's life in Sweden

韓国延世大学の語学堂にて勉強しながら、スウェーデンと日本を行き来しています。

シンガポール航空(SQ)の面接前に行ったこと①肌編

延世大学語学堂の期末試験の結果が返ってきたのですが、あと一歩でオールAを逃しちょっとへこんでいるここ最近です。延世大学の秋学期が終わり、忙しいのが好きな私は冬学期が12月に始まるまで何をしたらよいものか悩んでいましたが、友人に英会話のレッスンをしたり通院したりずっと学びたいと思っていた動画編集を学び始めたりと、なんだかんだ充実した日々を送っています。

 

さて、今回はover30歳の私がシンガポール航空(SQ)の最終面接前に行ったこと【肌編】をお送りします。SQの面接では、みなさんご存知の通り、体型や所作などとともに肌の状態がとても重要視されているようです。なので受験生の方々は面接日に向けてお肌の状態を完璧にして当日臨まれる方が多いようです。私も普段はまっっったく肌のことは気に欠けない方なのですが、一応面接前だけはいつもより少しだけ肌のことを気にしてみました^^;

私が事前に行ったのは、

①皮膚科でニキビ対策

②美容皮膚科でしみとほくろの治療

③直前はとにかく保湿をして完璧な状態で面接に臨む

の3つです。ちなみにCA面接前にお医者さんにお世話になるのが今回が初めてでした。ですので、特に通わなくてもCAの試験に十分合格できる人は多いと思います。ですが、私はもともと最近シミ等が気になるようになっていて特に美容皮膚科には興味があったので、今回いい機会だと思いお医者さんに一度相談をしてみることにしました~!結果、行って良かったです。

 

①皮膚科でニキビ対策

ラッキーなことに、私はもともと顔にはニキビがほとんどできない体質です。たまーにひょっこり現れることがありますが、ものすごくまれなので普段から特にケアなどはしていません。

でも、ニキビができそうかな?ちょっと赤くなっているかな?というような箇所を見つけたら皮膚科で処方していただいた塗り薬をちょこっと塗ってから寝るようにしています。その塗り薬が少し古くなっていたので、今回アレルギー関係の治療で普段から時々(といっても年に数回のみですが)通院している皮膚科さんに出向き、新しい薬をいただいてきました。チューブタイプのものです。

もう一つ、私は顔にはニキビができないのですが、なぜか中東の会社に入社したころから背中にぽつぽつニキビができるようになってしまったので、体用のさらさらしたジェルタイプの塗り薬もいただいてきました。

他の航空会社の面接ならここまで気にすることはないと思うのですが、SQのスキンチェックでは背中までニキビチェックがあるということなので、心配になり念のため対策をしようと思ったのがきっかけです。背中のニキビって案外ノーマークだったりするので、これも事前から時間に余裕をもって準備をすることが必要ですね。

 

②美容皮膚科でしみとほくろの治療

私は昔から体質的にシミやほくろが多いほうで(お医者さん曰く)色白なので余計それが目立ってしまっていました。ずっと気になっていたので、今回思い切って美容皮膚科に行って治療をお願いしました。これまで整形なども全く興味がなく美容皮膚科とは無縁だったのでお伺いするのがドキドキでした!

もちろんシミなどは上手にメイクをすればある程度は隠れるのでしょうが、面倒くさがりな上にメイクのスキルにあまり自信がなかったので、治療したほうが早い!という結論に至りました。

それに、治療を決める前にメイクアップアーティストを目指している中東の航空会社時代のロシア人の同期に相談したところ、やはりメイクで隠すよりシミやほくろそのものを除去しちゃった方がいいよ!と言っていたので、最近では海外でもシミ治療をする人が増えているのかな。

実際のレーザー治療は麻酔なしでできる程度でしたが、それでも痛みに弱い私にはちょっと刺激が強かったです^^; でもなんとか乗り切りました。治療の後すぐに渋谷で友人と食事をする予定があったで、顔中保護テープだらけのママ渋谷に繰り出したわけですが、マスクのおかげで大部分が隠れていたので助かりました。

ちなみに、今回の治療は面接進めることになったとSQから連絡が入った後に予約をしたのですが、それでも先生に「なんでもっと早く来なかったのー?!面接に合わせるなら今からじゃちょっと遅いよー」と言われてしまいました。

ニキビ治療と同じですが、やはりできるだけ早め早めに治療を進めておくべきだと思いました。

 

③直前はとにかく保湿をして完璧な状態で面接に臨む

面接1週間前からは、とにかくパック等をして保湿を心掛けました。SQの面接ではオイリー肌はNGだそうですが、乾燥肌も同じくらいNGだと聞いたことがあります。

私はもともと極度の乾燥肌なので、ちょっと気を抜くとすぐにカサカサに…。なので、毎日せっせとパックをしたりクリームを塗って過ごしました。

それでもやっぱり肌の状態を100%コントロールするのは難しいですよね。いつの間にか乾燥していたり、ニキビができてしまったり。

でも、面接はたった一回きりなので、できるだけ後悔の内容に自分なりにベストな肌の状態で行けるよう努力をすることは大切だと思います。

肌のためにはスキンケアだけでなく食事にも気をつかう必要性が出てきます。私はできるだけチョコレートなどの甘くて油分が多いものや、揚げ物などはできるだけ食べないようにしていました。

余談になりますが、以前勤めていた中東の会社ではSQ並にスキンチェックが厳しく、出勤するたびにフライトの前にグルーミングチェック専門の人に至近距離で一人一人肌のコンディションはもちろん、髪型や制服の状態など全身を確認されるプロセスがありました。目立つニキビがあったり傷ができてしまっている場合、フライトを下ろされて始末書を書かされたりマネージャーと面談をさせられる羽目になります。

それほど、航空会社によっては肌がきれいであることは大切なんです。日系に勤めていた時も、みんなそれぞれスキンケアにこだわりがありせっせとお手入れをしている印象でした。

ですので、スキンチェックが厳しいSQの面接の前は、ニキビや乾燥に気を付け、スキンケアを怠らず、場合によってはお医者さんの力を借りて、そして食事や睡眠に気を付けてしっかり準備をして臨むことが大切になってくると思います。肌の状態が悪いと書類審査の後のビデオインタビューさえも通らないと思うので(ビデオなのである程度ごまかせるとは言えども)面接の前でも日ごろからしっかりお手入れをしておきたいものです。

 

今回はSQの面接に備えて肌のために行ったことを書きました。

次回は【メイク編】です!

シンガポール航空(SQ)の面接前に行ったこと①体編

こんにちは。今日は彼がスウェーデンパスポートの手続きに行っています。朝から行かなくてはならず面倒くさそうにしていましたが、2つ目のパスポート取得ははりうらやましいです…!

それに、彼がスウェーデンパスポートを取得したら色々と現地での手続等が楽になる(優遇される?)かなぁと思っています。というのも、今回 彼:外国人 私:外国人 としてのパートナービザの手続きが少しややこしかったからです。その上、私自身が近い将来自分でビジネスを始めたいと思っているので、彼がスウェーデンパスポートを持っているとかなりありがたいです。

というのも、以前購読していた北欧在住のブロガーの方が現地でビジネスを立ち上げる際、本人も彼も外国人な上に二人とも現地の言葉に疎かったため手続きがすごく大変だったと聞いたことがあったからです。私ももうちょっと頑張ってスウェーデン語の勉強をしよう。

 

ということで本題ですが、今回over30歳の私がシンガポール航空(SQ)の客室乗務員採用の最終面接前に行ったこと【体編】をご紹介します。

 

①ストレッチ

ストレッチ、すごく大事だと思っています。なぜなら、面接の一環としてアームリーチがあるから。今回のSQの面接でも、集合直後に212cm?(もうちょっと低かった気もするけど)の位置にテープが張ってあるボードがあり、靴を脱ぎ背伸びをしてそこまで手が届くかのチェックがありました。外資の会社では多いですが、まずこれが基準まで達しなければ面接をするまえにアウト=即帰らされます。

せっかく肌の準備を万全にして面接の練習もしたのに、それさえも見てもらえず帰されるなんて悲しすぎますよね。私も中東系の会社を受験していた時、アームリーチが届かず面接開始後30秒で帰されたことがあり、駅まで泣きながら帰った覚えがあります^^;身長160cmあるのですが、腕が短いのもあるのでしょうが、とにかく手が小さいので手が大きく指が長い人に比べたら圧倒的に不利でした。

ですので、やはりアームリーチが心配な人は、お家の壁にテープを貼って、日々練習をした方がいいです。そして、前述したストレッチやマッサージ等も毎日やってください。柔軟性は大事だと思います。自分でやるのが難しければ、整体に行って相談するのもいいと思います。

私がまだ日系の航空会社で働きつつ外資系への転職を目指していた時は、銀座一丁目にある「Total Body Care 銀座整体院」さんに通っていました。特に、副院長には本当に何度お世話になったことやら。アームリーチがある面接の数日前に施術をお願いし、わきの下をごりごりされて痛すぎて悲鳴を上げそうになっていました。。。でも効きます。CA志望者や現役CAも多く通っていたようなので、おすすめの整体です。おためしあれ!私はもう何年もこちらの整体には行けていませんが、たまには行きたいなぁ。という余談。

今回のSQの面接前は整体に通う余裕はさらさらなかったので、お家で寝る前にベッドの上でせっせとストレッチをし、時々壁に貼ってあるテープ相手にアームリーチの練習をしました。

 

②筋トレとちょこっとダイエット

SQに合格された方々の体験記を読んでいると「できるだけ自分の体に合った細身のスーツを着ていった」と書かれている方が多かったので、何年も前に中東系の航空会社の面接のとき、できるだけ太って見えるようにということで買ったぴっちぴちサイズのスカート(下手したら破けてしまいそうなくらいぴちぴち)を着ていくことにしたのですが、あまりにもピッタリサイズなのでお腹がぽっこりしているのがまるわかりでした。。。もともと下っ腹がぽっこりしやすい体型?ということもあり、少しでも改善させようと筋トレをせっせとやりました。実は私、おなかに縦線が入るくらい筋トレは継続的にやっていたのですが、なかなか下っ腹だけはへこまないんですよねー。でも、やっぱり心配の種があるなら、やらないよりなんでもやってみたほうが身体的にはもちろん精神的にもいい気がします。

また、ダイエットも少しだけしました。できるだけ食べ過ぎないようにする・脂っぽいもの等カロリーの高いものや甘いものはできるだけ控えるようにするくらいでしたが、体重管理は大切だと思います。面接でも実際面接官側がこの受験生はちょっとぽっちゃりしていると思うと、落とされたり体重測定をされたりするそうです。(体重測定はもしかしたら全員やるのかも?)ちなみに私は身長160cmで体重は43~45kgくらいだと思うのですが、家に体重計があると気にしすぎて食事が食べられなくなってしまったりするので、日本の自宅には体重計は置いていません。

大好きな甘いものを制限するのはちょっとつらかったですが、何日か、何週間か甘いものを食べなくても死にゃしない!という気持ちで乗り越えました。余談ですが、実際の面接でも細身の方がかなり多かったので(普通体型の方も多かったですが、ぽっちゃりさん!という方は見かけなかったなぁ)体重が気になる方が長期的に計画をしてダイエットをすべきかなと思いました。

 

次回は私が面接前に行ったこと【肌編】をお送りします!

 

32歳(ほぼ33歳)でシンガポール航空/SQの最終面接に行ってきました

こんにちは!今日は素晴らしい秋晴れの日でした。日本にいると、本当に季節の移り変わりが美しいと思います。私が住んでいる街も最近ではところどころで紅葉が見られるようになり、葉を真っ赤に染めた木々を見て立ち止まることもしばしばです。日本の自然っていいですよね。平和…

そんな私はというと、週に3回参加している韓国延世大学の秋学期の期末試験が昨日で終わり、やっと解放されたので、今日は母とのんびりお昼を食べに行ってからショッピングセンターをぶらぶらしてきました。戦利品は今夜のシチューの材料と、トッポッキのお餅とコチュカル(唐辛子の粉)と、かの有名なペクジョンウォン先生のレシピ本!!!!!小学館から出ているものです。ちょうど近所の書店で注文をしようかと思っていたところ、ショッピングセンター内の書店にふらっと立ち寄ったら偶然見つけてしまったので即購入しました。かの有名なBTSと共演したりしている韓国ではとても有名な料理家さんです。気になる方は、ぜひYoutube等でチェックして見て下さい^^

 

さて、突如としてスウェーデンに関する内容とはかけはなれてしまっている今回の本題ですが、なんと私今月11月の初めにシンガポール航空(通称SQ)の客室乗務員採用の最終面接に呼んでいただき、国際フォーラムで行われた面接に参加してまいりました。でも私、32歳(ほぼ33歳)なんですよ。。。

SQは、新卒などの20代前半の人を採用する傾向があるということで有名ですよね。それなのに、この年齢になって面接に呼んでいただけるとは全く予想しておらず、ドギマギしながら行ってきました。

といっても、SQの面接に参加するのは今回が初めてではなく、新卒の頃~20代半ばの頃にたしか3回くらいは受験していたはずです。しかも全て1次面接落ち。なので今回最終の個人面接まで進めるなんてびっくりの展開でした。

これまで日系子会社・日系大手・アジア系・中東系計4社のCAとして働いた経験があるのでこれまで数々のCA面接を経験している私ですが、今回5年半ぶりほどのCA受験となり不安や緊張というより、わくわく感が勝りました。こんな私が若い子たちに混ざってキラキラSQの面接に参加できるなんて!!!

 

結局は年齢のせいか、面接官との相性が合わなかったのか、もしくは経験者すぎる私の経歴が気に入らなかったのかわかりませんが残念な結果となり、楽しみにしていたケバヤチェック(制服を実際に着用してチェックされること)まで進むことができず、泣く泣くケバヤを着るという夢は破れてしまいました。。。が、そんなオバサンでどうやってSQの最終面接まで行ったの?アラサーでもSQって受けられるの?と気になっている方々のために、せっかくなので今回私が行った最終面接までの準備・面接当日に気を付けたポイント等を思い出せるだけ残していこうと思います。

面接当日のプロセスとしては、SQを志望されている皆さんはすでにご存知の通り、

アプリケーションフォーム提出による書類審査⇒ビデオインタビュー⇒グループ面接⇒個人面接⇒ケバヤチェック・スキンチェック

という流れで間違いございません。面接の内容はクルーネットさんのレポート等を参考にされてください!私は自分の受け答えに集中しすぎてあまり記憶がないんです…

 

ということで、次回はまず面接前に準備をしたことについて綴っていきたいと思います。

 

さて、シチューを作ろうっと!

韓国語のテスト勉強と語学オタクの話―Duolingoの勧め

ここ最近は、本当に韓国語の勉強ばかりしています。というのも、今年の6月から継続して参加している韓国延世大学の語学堂のオンラインコースの期末試験が近づいてきたからです。

 

もともと韓国語や韓国の文化には興味があって、早稲田大学在学中に一年間だけ韓国語の授業をとっていました。なので、基礎はある程度わかっているのですが、今回初めて韓国語オンリーで進んでいく授業に参加することになり、不安いっぱいで初日を迎えた覚えがあります。

でも、教師陣が皆さんとても熱心で、クラスメイトも穏やかな方ばかりで、本当に毎回楽しく授業に参加できています~!!でも、韓国の大学院の生徒や韓国でお仕事をされている人が多い中、クラスの中で毎回私だけ韓国在住ではなく少々会話の内容についていけないことがありちょっと寂しいこともあります。みんな私に気を遣ってくれているのかあまり現地の話題はでませんが、時々観光であそこ行った?あれ食べた?あのデパート行った?といった話が出ると答えられない。。。というのが残念なところ。でもそのほかは全く問題なく、他のクラスメイトと同様に毎回せっせと授業をこなしています。

延世大学ではレベルによって1~8級が設定されているのですが、(1が初級・8が上級)私は現在6級なので、今回の期末試験に無事パスできれば7級に進級でき、晴れて上級に参加できることになるんです。なので、今回の試験もどうにかこうにか合格したい。。。ということで、最近は毎日朝起きてから寝るまで(昨日なんか朝4時過ぎまで)必死に勉強をしています。

試験自体はそこまで難しくないと先生はおっしゃっていたのですが、できることなら得意なリーディングをライティングは満点近くでパスできたらいいなと思っています。

 

そんな感じで韓国語の勉強を毎日しているわけですが(ちなみにK-POPが大好きなので毎日韓国語を勉強していても全く苦じゃありません^^)私は英語と中国語もある程度習得しています。ロンドンのUCLの大学院を出たので必然的に英語はできるようになりましたし、中国語については大学時代に第二言語として適当に選んだあと、思い切って北京に半年ほど留学しました。負けず嫌いな私は、当時も狂ったように勉強ばかりしていました。狂気じみていたな…

ちなみに、大学時代に韓国語と並行してドイツ語とスペイン語も一年間勉強しました。ドイツ語はなぜかしっくりきて教授に留学を勧められたほどだったのですが、スペイン語はどんなに勉強しても成績はA止まりでした(A+が最高)。今まで触れてきた言語の中では、スペイン語の文法?動詞等の活用?がダントツで難しかったです。

 

その後ドイツ語話者の今の彼と付き合うことになったわけですが、彼は私より英語も上手で私たちの会話は英語が共通語なので、ほとんど私のドイツ語の能力に変化はありません。ドイツ語のネイティブと6年近くも一緒にいるのに、ドイツ語があまりできないって恥ずかしいですよね…その上彼のお父さんとおばあちゃんは英語がわからないので(ドイツ語とフランス語オンリー)将来的には必ずドイツ語を習得する必要がありそうです。大変だ。

てなことで、実はちょこちょこドイツ語とスウェーデン語の勉強もしています。スウェーデン語の教材を見つけるのは難しいですが、ebookで無料ダウンロードができる単語帳を発見したり、最愛なるDuolingo様にお世話になっています。というか、Duolingoにて韓国語と中国語はすでに制覇してしまっているので、他の言語をやるしかないんですよね。。。

Duolingo、日本で使っている人をほとんど見たことが無いのですが、語学が好きな方はぜひ活用してほしいアプリの一つです。というのも、毎日少しでもやらないとしつこいほど何回もお知らせアラートが来て、なんだかんだやらなきゃいけない気分になってきます。きっと使ったことがある人なら共感してくれる。

時間が無い現代人にもぴったりなDuolingoさん、ぜひ一度使ってみてください(回し者ではございません)。登場するキャラも憎めないものが多くて、くすっと笑えるようなものが登場することも多くてかわいいんですよ。

 

さて、韓国語の試験勉強をもうちょい頑張って寝るとします。皆さん、いい夢を!

スウェーデン大使館に行ってきました!

やっと行ってきました、スウェーデン大使館!

 

本来は日本人はビザなしでスウェーデンに入国できるので、スウェーデン渡航してから近くの移民局のオフィスに行って住民カードを申請するのが一般的です。

でも私は今年の夏~10月までほぼ3か月をヨーロッパで過ごしてしまい、今渡航するとシェンゲンのルールに引っかかってしまうかも?という不安要素があり(日本の大使館では詳細不明とのこと、スウェーデンの移民局に問い合わせても返答がなかなか来なかった)安全策をとって日本でゆっくり3か月を過ごしてから渡航をしてもいいのではないか、ということになり、しばらくは日本にいることになりました。

となると、いつになっても住民カードの申請ができない!ビザはもう下りているのに住民カードの申請を長期間保留にしていても大丈夫なの?とまた不安要素ができてしまいました。

日本のスウェーデン大使館の方にメールで相談したところ、ありがたいことにすぐに返信を頂きまして(さすが日本!対応が早い)なんなら日本で住民カードの申請をしたらどう?ということになったというのが今回の経緯です。

 

ということで、今回直接東京のスウェーデン大使館に出向き、顔写真と指紋認証・サインを申請してきました。この三つが全て一気にできてしまうハイテクな機械がありました、なんて便利なの!!!昔、留学の手続きの一環で中国大使館に行ったことがあるのですが、あまりのカオスさに大使館ってあまりいい印象がなかったのですが(さすがに今はましになってるかな?)スウェーデン大使館はひっそりとしたたたずまいで、とってもきれいなところでした。警備さんまでご親切でした~~!!!

おそらく日本在住であろうスウェーデン人が2組、計4人ほど来ていて、日本人のビジターはその時は私だけでした。完全予約制だから、人数制限しているんだろうな。

建物の中に入ると、かの有名なスウェーデンの伝統の赤くペイントされた馬の置物がどーんと迎えてくれました。カラフルでとってもかわいい!でも、これわざわざ現地から持ってきたのかな…と思うと、スウェーデン大使館の本気を感じました。

 

手続きもほぼ待ち時間なしで10分くらいで終わったと思います。すごく早くて助かりました!そして何より、担当の方がとても素敵な方で、お話がはずみました。

スウェーデンの郵便事情があまりよくないのは知っていたのですが、やはり現地のオフィスから住民カードが郵送されてくるには1か月以上待つ必要があるらしく、可能性はすごく低いですが最悪日本に届かないこともあるとのこと。。。いつになっても届かない場合は、もう直接現地に飛んでスウェーデンで申請したほうが早そうですね、ということになりました。ちゃんと届くといいな、私のカード!!

 

そういえば、私の彼はスウェーデン在住の期間が長くなってきて、この度スウェーデンのパスポートをゲットした模様。スウェーデン語が苦手なのに、ちゃっかりスウェーデン人になってしまうのかと思うと笑えます。でも、2つ目のパスポートをゲットできるなんて、やっぱりちょっとうらやましい。日本人にはできないことですしね。

 

とりあえず、私の住民カードの申請もひと段落したところなので、残り少ない日本生活をゆっくり満喫しようと思います。

日本で散財中(主に食事・服・化粧品)

海外から日本に帰って来るといつも思うこと、ごはんがおいしい。何を食べてもおいしい。それは私が日本人だからなのか?それとも本当に日本のごはんの質が高いからか?わかりませんが、おそらくどっちも理由の一つだと思います。

 

2020-2021年にロンドンの大学院へ留学していた際、近所のレストランやカフェは軒並み閉まっていたので泣く泣く毎日自炊をしなければならなかったのですが、その時料理をたくさん作っていたおかけで今や日本でも自炊をするようになりました。実家が田舎にあるので、歩いていけるお店もないし強制的に自炊をしなければならない環境だからということもあるのですが。。。

スウェーデンはひたすらお肉が高かったので(近所のスーパーで一番安い豚肉でも1000円はします)今日はステーキを作ろう!チャーシューを作ろう!と意気込んで献立を決めているとき以外はなかなか購入ができなかったのですが、日本は小さいパックで200円くらいから売っているので本当に助かります。

しかも、嬉しいのが薄切りのお肉が売っているということ。スウェーデンでも多少は売ってはいるのですが、それでもやはり高価だったので、日本でこうやって手軽に買えることがすごく嬉しいです。

お肉はもちろん、新鮮な魚介が手に入るのもいいですよね。私はどうしてもイカが食べたかったので、帰国してまず家で作ったのはナクチポックン(韓国風イカピリ辛炒め、おいしいですよ!)と豚キムチと大量の白米、それとお豆腐とわかめを入れたお味噌汁でした。もう最高!!!!!!

今年に入ってからミスドにもはまっていたので、帰国早々ドーナツも買いに行きました。今限定のさつまいものドーナツ(ポンデリングの形をしてるシンプルなやつ)がすごくおいしいのでおすすめです。おいしくて毎日でも食べられます。

 

また、スウェーデンで何度も冬用の服を買おうと試みたのですが、デザインが好みでない上にひたすら高いんです。洗濯機でもガラガラ洗えるフーディーを探していたのですが、私が見かけた一番安いフーディーはH&〇で2500円のものでした。それ以下のものは残念ながら見つかりませんでした。このクオリティーなら日本で1200円くらいで売ってそうだよ…となるレベルです。でもいつもお世話になっています、H&〇さん。

ちょっと凝ったデザインのおしゃれな服も欲しかったのですが、なにせ高価なものになると洗濯機でガラガラ洗う勇気がないです。というのも、香港に住んでいた際に家の洗濯機を使ったら高価な服に穴が開いてしまった苦い思い出があるからです。。。海外の洗濯機、威力が半端ない。

日本に住んでいた頃は、Tシャツでさえ10000円を超えるような高価な洋服を着ることが多かったので(ちなみに学生の頃はJill Stuart信者でした。行きつけだった明治通りのお店はつぶれちゃったけど…)最初は安価な服を着ることに抵抗があったのですが、毎回クリーニングに出さなくて済む!手洗いもしなくていい!なんといっても洗いたいときは洗濯機に押し込むだけでいい!!!!とその魅力に気づき、海外での暮らしを始めてからはお手頃価額の服もだんだん着るようになりました。今やその虜!

よって、先週日本に帰ってきてからもユニクロさんをはじめ服屋さん巡りをして、トレーナー・ニットのロングスカート・ニットのトップスなどを購入。あと海外ではなかなか買えないナイトブラも新調。

服は日本や他のアジアの国だと私の体のサイズに合ったものが買えるので、アジア圏内で買いそろえることが多いです。なんといったって、ヨーロッパで服を試着すると袖が長すぎることが多いです。。。西洋の人は手が長いのかな?それとも私の腕が短いだけ?

 

最後に、化粧品など日々使っているものもドラッグストアで爆買いしてきました。フェイスパック、基礎化粧品、チーク、マニキュア、髪用のスプレー等々。安くて天国、それが日本。スウェーデンでこんなに爆買いしたら破産間違いなし。

私もれっきとした日本人なので、日本人の肌に合わせて作られている製品は本当に安心感があります。なにせ敏感肌で乾燥肌、そして日々薬を服用しなくてはならないほどのじんましん持ちなので、スウェーデンでも日本から持っていった化粧品を使っています。あと、生理用品も大事。

昔北京の大学に留学していた頃、現地で買った生理用パッドを使っていたら肌が盛大にかぶれてしまい、授業中もまったく集中できず、日本の母にあわてて電話をして急遽かぶれ止めの薬を送ってもらう羽目になったことがあったんです。生理用パッドが合わなかったのか、寮のシャワーの水が清潔でなかったのか謎ですが、もうあんな思いはしたくない。。。それ以降、ほとんど海外で生理用品を買うことはなく(デリケートゾーン用のボディーソープは現地で買っていますが)日本から毎回持参しています。

でも、生理用パッドってスーツケースの中でものすごくかさばるんですよね。軽いけどめちゃくちゃ場所をとるんです。ぎゅ!!!っと押して荷造りをしていますが、それでもかさばる。スウェーデンで良い製品をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えていただきたい。

 

そんなこんなで日本で散財ばかりしている私ですが、それも幸せの一部なのでよしということにしましょう。お財布は幸せじゃなさそうだけどね。

スウェーデンのビザが下りました!

良いお知らせです!スウェーデンのビザがやーーっと下りたとの知らせが届きました!

ここまでくるまで、本当に長かったです。

私の場合は、2021年の9月上旬にオンラインにてフォームを提出し、今年2022年の10上旬~中旬くらいにビザが取れたとの連絡が入りました。ですので、一年以上はかかったことになります。

私の場合はスウェーデン在住のパートナーが外国人(スイス人)であり、なおかつコロナの影響もあってそこそこ時間がかかってしまったのではないかなと思っています。

 

ビザの見通しが立たず、今後の予定が全く立てられず精神的にも少し落ち込んできていたところだったので、無事にビザが取得できて安心しました。彼も大喜びで、ずーっとにこにこしています。。。

 

なにより嬉しかったのは、彼の友人たちから続々とおめでとうのメッセージが届いたこと。(彼がビザが取れない!!と周りの人たちに愚痴を言っていたこともあるでしょうが)みんなから祝福してもらえて嬉しい限りです。

 

ネット上で同じことをおっしゃっている方をちらほら見かけましたが、ビザの開始日が知らせが届く1か月前(9月)からになっているのが謎ですが、気にしないでおくことにします。

 

メールでの知らせがきた後にスウェーデン大使館にて面接があるとてっきり思っていたのですが、それは不要のようです。

他にする手続きとしては、スウェーデン渡航し現地のオフィスにて指紋認証など⇒その後自宅に住民カードが届くという流れになると日本の大使館の方から連絡をいただいたのですが、ちょっといろいろあって現地ではなく日本のスウェーデン大使館でやっていただけることになりました。

指紋認証等を終えた後、カードが自宅に届くまで1か月ほどはかかってしまうとのことだったのですが(おそらくスウェーデンからカードが送られてくるのを待つため)それでも日本でやっていただけてすごく助かります。

 

11月上旬に東京のスウェーデン大使館にお伺いすることが決まったので、のんびりプロセスを進めたいと思っています。

 

のんびりとは言っても、気になっていることが一つ。

ビザの取得後のスウェーデンへの渡航の時期はいつでもいいのか?いつまでに入国しなくてはならない、という期限や決まりはあるのか?という点です。

日本の大使館の方はこの点についてはわからないそうなので、スウェーデン現地の移民局にメールで問い合わせているのですが、これが返信をいただくのに何日もかかるんです。。。いや、ちゃんと返信くるのか…?ちょっと心配です。

 

私は今年の夏に75日ほどスウェーデンを含むシェンゲン地域に滞在していたので、念のため日本へ帰国してから90日間は渡航を控えようかなと思っているのですが、もし入国の期限があるならなんとしてでも渡航しなければならないし…と不安に思っています。今渡航しても15日分はスウェーデンに居れるわけですが、その間に住民カードが手元に届かなかったらどうなるんだ?私はdeporteeとして日本へ強制送還されてしまうのか?罰金を払わされるのか?と考えると恐ろしくて今スウェーデンに行く決心はできません…。まぁビザは一応おりているわけだから、それはないのかなぁとも思うわけですが、確信が得られるまで動くのは危険ですよね。

 

彼は「もうビザを持っているんだから、シェンゲンの90日間の規則は適応にならないんじゃない?」と言っているのですが、調べてみてもよくわからず。

コロナの影響で、渡航は遅くなってもいいですよ~期限はないですよ~と移民局の人に言われたと書いている方がいらっしゃったのですが、おそらくしばらく前の記事であるようなので最新の情報ではなさそうでした。うーん。

 

ビザが取れたにもかかわらず先の見通しが立たずまだ不安な日々が続いていますが、せっかく今日本にいるわけなので、おいしいご飯でも食べて元気に過ごしたいと思います。もう少しでJO1のコンサートあるし!悩んでいる暇なんてないよね~!!