Ana's life in Sweden

韓国延世大学の語学堂にて勉強しながら、スウェーデンと日本を行き来しています。

韓国語のテスト勉強と語学オタクの話―Duolingoの勧め

ここ最近は、本当に韓国語の勉強ばかりしています。というのも、今年の6月から継続して参加している韓国延世大学の語学堂のオンラインコースの期末試験が近づいてきたからです。

 

もともと韓国語や韓国の文化には興味があって、早稲田大学在学中に一年間だけ韓国語の授業をとっていました。なので、基礎はある程度わかっているのですが、今回初めて韓国語オンリーで進んでいく授業に参加することになり、不安いっぱいで初日を迎えた覚えがあります。

でも、教師陣が皆さんとても熱心で、クラスメイトも穏やかな方ばかりで、本当に毎回楽しく授業に参加できています~!!でも、韓国の大学院の生徒や韓国でお仕事をされている人が多い中、クラスの中で毎回私だけ韓国在住ではなく少々会話の内容についていけないことがありちょっと寂しいこともあります。みんな私に気を遣ってくれているのかあまり現地の話題はでませんが、時々観光であそこ行った?あれ食べた?あのデパート行った?といった話が出ると答えられない。。。というのが残念なところ。でもそのほかは全く問題なく、他のクラスメイトと同様に毎回せっせと授業をこなしています。

延世大学ではレベルによって1~8級が設定されているのですが、(1が初級・8が上級)私は現在6級なので、今回の期末試験に無事パスできれば7級に進級でき、晴れて上級に参加できることになるんです。なので、今回の試験もどうにかこうにか合格したい。。。ということで、最近は毎日朝起きてから寝るまで(昨日なんか朝4時過ぎまで)必死に勉強をしています。

試験自体はそこまで難しくないと先生はおっしゃっていたのですが、できることなら得意なリーディングをライティングは満点近くでパスできたらいいなと思っています。

 

そんな感じで韓国語の勉強を毎日しているわけですが(ちなみにK-POPが大好きなので毎日韓国語を勉強していても全く苦じゃありません^^)私は英語と中国語もある程度習得しています。ロンドンのUCLの大学院を出たので必然的に英語はできるようになりましたし、中国語については大学時代に第二言語として適当に選んだあと、思い切って北京に半年ほど留学しました。負けず嫌いな私は、当時も狂ったように勉強ばかりしていました。狂気じみていたな…

ちなみに、大学時代に韓国語と並行してドイツ語とスペイン語も一年間勉強しました。ドイツ語はなぜかしっくりきて教授に留学を勧められたほどだったのですが、スペイン語はどんなに勉強しても成績はA止まりでした(A+が最高)。今まで触れてきた言語の中では、スペイン語の文法?動詞等の活用?がダントツで難しかったです。

 

その後ドイツ語話者の今の彼と付き合うことになったわけですが、彼は私より英語も上手で私たちの会話は英語が共通語なので、ほとんど私のドイツ語の能力に変化はありません。ドイツ語のネイティブと6年近くも一緒にいるのに、ドイツ語があまりできないって恥ずかしいですよね…その上彼のお父さんとおばあちゃんは英語がわからないので(ドイツ語とフランス語オンリー)将来的には必ずドイツ語を習得する必要がありそうです。大変だ。

てなことで、実はちょこちょこドイツ語とスウェーデン語の勉強もしています。スウェーデン語の教材を見つけるのは難しいですが、ebookで無料ダウンロードができる単語帳を発見したり、最愛なるDuolingo様にお世話になっています。というか、Duolingoにて韓国語と中国語はすでに制覇してしまっているので、他の言語をやるしかないんですよね。。。

Duolingo、日本で使っている人をほとんど見たことが無いのですが、語学が好きな方はぜひ活用してほしいアプリの一つです。というのも、毎日少しでもやらないとしつこいほど何回もお知らせアラートが来て、なんだかんだやらなきゃいけない気分になってきます。きっと使ったことがある人なら共感してくれる。

時間が無い現代人にもぴったりなDuolingoさん、ぜひ一度使ってみてください(回し者ではございません)。登場するキャラも憎めないものが多くて、くすっと笑えるようなものが登場することも多くてかわいいんですよ。

 

さて、韓国語の試験勉強をもうちょい頑張って寝るとします。皆さん、いい夢を!